HOME
ニュースリリース
機構の概要
会員一覧
レーティング制度
審査員募集
お問い合せ
タイトル検索
ニュースリリース
2004年4月12日
ゲームソフトのレーティング制度を充実します
(コンテンツディスクリプターの新設)

広報資料

 特定非営利活動法人 コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)は、2002年10月から年齢別レーティング制度を開始し、そのレーティング結果は、ゲームソフトのパッケージにレーティングマークとして表示されています。これまでの実績として、2004年3月までに900タイトル以上の審査を実施しており、レーティング済み全タイトルのうち約7割が「全年齢対象」、残りの約3割は「12才以上対象」、「15才以上対象」、「18才以上対象」のいずれかとなっております。
 この度、レーティング制度をより充実させるため、現在の年齢別のレーティングマークに加え、新たにゲーム内容をアイコンで表示するコンテンツディスクリプターアイコンを新設することといたしました。
 このコンテンツディスクリプターアイコンは、レーティングがどのカテゴリーの表現によって決定されたかを示すもので、ユーザーがゲームソフトを選択する際にご活用いただけるものと考えております。

ゲーム内容を表示するアイコンは、以下の9つのカテゴリーに分類されております。
恋愛 セクシャル 暴力 恐怖 飲酒・喫煙 ギャンブル 犯罪 麻薬 言葉・その他


 このアイコンが表示される年齢区分は、「12才以上対象」、「15才以上対象」、「18才以上対象」で、「全年齢対象」には表示されません。また、ゲームによっては、複数のアイコンが表示されることもあります。

 コンテンツディスクリプターアイコンが実際にパッケージに表示された製品が市場にお目見えするのは、6月以降になるものと思われます。

 今後もレーティング制度の充実と啓蒙のために努力してまいりますので、関係各位におかれましては、より一層のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

以上

【お問い合わせ先】

特定非営利活動法人 コンピュータエンターテインメントレーティング機構

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-3-1 神田高野ビル4F
TEL 03-5289-7928
FAX 03-5289-7929